自信が持てない人に届けたいモハメド・アリの名言

自新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては新春を清々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年は多くのお力添えいただき誠にありがとうございました。

今年も更なる空手道の技量と質の向上に努めて参ります。
皆様のより一層のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

さて今回、皆様にご紹介致しますのは自信が持てない人に届けたいモハメド・アリの名言をご紹介します。br> 私たちは誰でも自信をもって日々を過ごしている訳ではありません。私もその一人です。br> だからこそ常に謙虚に努力し勉強しているのです。

モハメド・アリ(1942~2016年)はアメリカの伝説的なプロボクサーで、通算3度の世界チャンピオンに輝き、19度の防衛を果たしました。

自信が持てない人へ。モハメド・アリの名言「50歳になった時、20歳の…」

“A man who views the world the same at fifty as he did at twenty has wasted thirty years of his life.”
「50歳になった時、20歳の時と同じように世の中を見ているなら、人生の30年を無駄にしたということだ」

Muhammad Ali(モハメド・アリ)

自分の考え方がガラッと変わる出来事が20代の頃にあったのです。
私の父は井戸を掘る仕事をしていたのです。私も20代の頃そこで父の仕事を手伝っていたのですが、あるとき、空調設備の会社の社長をしている人と会ったことがあったのです。

その会社は井戸水を利用した空調システムを開発して、新聞に取り上げられたことがあるくらいの会社で、その会社の社長と会って話をしたのです。
驚いたことに、その社長が何も知らないのですよ。
土木に関すること、井戸に関すること、私の方が詳しいくらいで。私はその時点で数年土木の仕事をしていたのですが私の中で、会社の社長というのは、「すごい人」「頭のいい人」「人格的に素晴らしい人」「自分とは全然違う人」というイメージが有りました。ところがそのイメージとは全然違ったのです。

私は中学の頃から不登校・ひきこもりになって、学校にも行けなかったのです。20代になってもちゃんとした仕事に就けていなかったのです。つまり自分に自信がなかったのです。

「周りの人はすごい、自分は全然ダメ」と、そう思っていたのですが、その人と出会ったことで、それは違うと気づけたのですよ。「世の中こんなもんなんだな〜」と。
世の中の一番上にいる人と、一番下にいる自分のような人間とでは雲泥の差があると思っていたのですが、そうではないと。世の中、上にいる人間も下にいる人間も大差はない。
それに気が付いてすごく気持ちが楽になったのです。

人を尊敬することは大切だと思うのです。世の中には立派な人、人格的に素晴らしい人、たくさんいますよ。
そこから学ぼうとすることはとても大切だと思うのですが、一方で、世の中は公平ではないと思うのです。

お金を持っている人がお金を持っていない人よりも人格的に優れているかと言えば、そうではないと思うのです。
その人の持っているものを見て、尊敬できるかできないかを判断するのではなく、その人の心を見て、尊敬できるできないを判断する。
それが大切なのではないかなと、、、。

以上、モハメド・アリの名言でした。

では、最後に「人生」に関する世界の偉人の名言を3句ご紹介します。

“To live is to suffer, to survive is to find some meaning in the suffering.”
「生きることとは苦しむことであり、生き抜くこととは苦しみの中に意味を見いだすことである」

フリードリヒ・ニーチェ(ドイツの哲学者)
“As long as you live, keep learning how to live.”
「生きている限り、生き方を学び続けなさい」

セネカ(古代ローマの哲学者)
“Life is God's novel. Let him write it.”
「人生とは神様の書く小説なのです。ストーリーは神様にお任せすれば良いのです」

館長ブログ バックナンバー