[修真会館 型 初の型1]
( Model 1 of the begining )

1の挙動

不動立ちから正面に組手構えで構える。
( 両膝を柔らかく、半身の姿勢で構える )

2の挙動

相手の右股間蹴りに対して

① 左ヒザ bloc で in side へ崩す。
② 相手に向かって左 out side 45° へ in step
③ 相手の右 punch を牽制し、右上腕外側部へ左手外受け。
相手に次の攻撃の timing を与えず、そのまま左外受け手で左 straight punch , 右 straight punch。
  ( 相手に最も近く、体格差による damage 変化が小さい部位を打ち抜く!)
④ 相手の崩れに逆らわず、右中段廻し蹴り or 下段廻し蹴り
⑤ 蹴り足を引き、残心、構えに戻る。

3の挙動

相手の左股間蹴りに対して

① 左ヒザ bloc 。
② 相手の蹴り足が前に着地したことを想定し、相手に向かって右 out side 45° に in step 。
③ 相手の左 punch を牽制し、左上腕外側部へ左手内受け。
  相手の次の攻撃の timing を与えず、相手の着地足、膝裏へ右下段廻し蹴り。
  蹴り足を素早く引く。
④ 相手の崩れに逆らわず、counter の右中段廻し蹴り or 右下段廻し蹴り 。
⑤ 蹴り足を引き、残心、構えに戻る。

4の挙動

相手の右下段廻し蹴りに対して

① 左 ヒザ bloc 。
② 相手に向かって左 out side 45° へ in step 。
③ 相手の右 punch を牽制し、右上腕外側部へ左手外受け。
  相手に次の攻撃の timing を与えず、そのまま左外受け手で左 straight punch , 右 straight punch。
  ( 相手に最も近く、体格差による damage 変化が小さい部位を打ち抜く!)
④ 相手の崩れに逆らわず、右中段廻し蹴り or 下段廻し蹴り
⑤ 蹴り足を引き、残心、構えに戻る。

5の挙動

相手の左下段廻し蹴りに対して

① 左ヒザ bloc 。
② 相手の蹴り足が前に着地したことを想定し、相手に向かって右 out side 45° に in step 。
③ 相手の左 punch を牽制し、左上腕外側部へ左手内受け。
  相手の次の攻撃の timing を与えず、相手の着地足、膝裏へ右下段廻し蹴り。
  蹴り足を素早く引く。
④ 相手の崩れに逆らわず、counter の右中段廻し蹴り or 右下段廻し蹴り 。
⑤ 蹴り足を引き、残心、構えに戻る。

6の挙動

相手の右中段前蹴りに対して

① step back . 左外受けで in side へ崩す。
② 相手に向かって左 out side 45° へ in step
③ 相手の右 punch を牽制し、右上腕外側部へ左手外受け。
相手に次の攻撃の timing を与えず、そのまま左外受け手で左 straight punch , 右 straight punch。
  ( 相手に最も近く、体格差による damage 変化が小さい部位を打ち抜く!)
④ 相手の崩れに逆らわず、右中段廻し蹴り or 下段廻し蹴り
⑤ 蹴り足を引き、残心、構えに戻る。

7の挙動

相手の左中段前蹴りに対して

① step back . 左下段払いで引き付け、in side へ崩す。
② 相手の右 out side 45° へ in step 。
③ 相手の左 punch を牽制し、左上腕外側部へ左手内受け。
  相手の次の攻撃の timing を与えず、相手の着地足、膝裏へ右下段廻し蹴り。
  蹴り足を素早く引く。
④ 相手の崩れに逆らわず、counter の右中段廻し蹴り or 右下段廻し蹴り 。
⑤ 蹴り足を引き、残心、構えに戻る。

8の挙動

相手の右中段廻し蹴りに対して

① 左 ヒジ・ヒザ W bloc 。
② 相手に向かって左 out side 45° へ in step 。
③ 相手の右 punch を牽制し、右上腕外側部へ左手外受け。
  相手に次の攻撃の timing を与えず、そのまま左外受け手で左 straight punch , 右 straight punch。
  ( 相手に最も近く、体格差による damage 変化が小さい部位を打ち抜く!)
④ 相手の崩れに逆らわず、右中段廻し蹴り or 下段廻し蹴り
⑤ 蹴り足を引き、残心、構えに戻る。
 

9の挙動

相手の左中段廻し蹴りに対して

① step back . 左下段払いで引き付け、in side へ崩す。
② 相手の右 out side 45° へ in step 。
③ 相手の左 punch を牽制し、左上腕外側部へ左手内受け。
  相手の次の攻撃の timing を与えず、相手の着地足、膝裏へ右下段廻し蹴り。
  蹴り足を素早く引く。
④ 相手の崩れに逆らわず、counter の右中段廻し蹴り or 右下段廻し蹴り 。
⑤ 蹴り足を引き、残心、構えに戻る。

10の挙動

 十字を切って、不動立ちの構えに戻る。

次回は、「 初の型 2 」を紹介したい。