コンビネーショントレーニング の役割と バリエーション
 ( A role and variation of the combination training )

【combination training の役割・目的】
 

空手道に於ける punch・kick などの combination training の持つ役割( a role )・目的( purpose )を紹介したい。

1つは、相手の様々な攻撃( attack on ) を仮想( imagination )し、それに対しての有効な counter attack method(反撃方)を造り出すこと。

2つは、counter attack method に於いて働く身体動作・機能の連携能力を向上させること。

3つは、一揆にたたみかける瞬発力( instantaneous power )を高めること。

4つは、counter attack 時の timing と distance を見極める洞察力( insight ability )の向上を培うこと。

5つは、自分に matching する技( favorite technique )を見出し、その有効活用法を構築することである。

  1. 左右 punch の combination の lesson から始める。
    組み手の構えから、先ずは両拳を握った状態から straight・hook・upper・crossなどを 様々な rhythm・engel・distance で左右どちらからでも自在に打てるように training する。
    次に、punch を打つ拳の反対側の手のひらで顔面を guard しながら、両拳を握って打つ時と同じ timing・同じ speed で打てるようになるまで粘りず良く lessonすることである。片方の手のひらで顔面を guard しながら punch を打つ動作は、後の、崩しのtechnique の lesson に於いて欠かせない大切な動作の一つの要素となるからである。
  2. 組み手の構えから、様々な蹴りを rhythm・engel・distance ・height に変化を加えながら、左右どちらからでも連打で蹴る蹴りの combination training を開始する。
  3. 左右の punch・蹴りの combination training が上達したら、elbow blow と back hand の combination training を開始する。
    short distance から様々な rhythm・engel で左右どちらからでも自在に打てるように training する。
  4. 様々な receive と step を組み合わせ punch・elbow blow・back hand blowの combination training を開始する。
  5. 更に 4 に加え、左右の膝蹴り( knee kick )の combination training を開始する。
  6. 最後に、1~5に沿って training して行く過程で、自分の身体の機能に最も適した rhythm・engel・distance・height を考慮した counter attack combination を数種類、構築し体得する。

【バリエーション( variation )】

variation とは、変化・変異・広がりなどを意味する。
空手道の技の variation とは、主に技の広がりを持って使われることが多い。
単純に、技の combination を体得した数と捉えがちであるが、そう単純なものではない。
combination training はあくまで身体全身の機能の matching を武器にしたcounter attack method の一つに過ぎない。
combination training をいくら lesson しても variation そのものを体得することはできない。

空手道の技の variation とは、空手道の style ( 流派 )の持つ核心的指針の確立・結わば、理念の修熟度がもたらす技であるからである。
耐え間ざる心身の鍛錬の度合いが variation の広がりを左右するものである。

人生を生き抜く中で、幾度となく挫折を繰り返しながらも、全うに人間らしく生き抜く努力を継続し、生きるか死ぬかの壮絶な自分の生き方との闘い( ストリートファイトの経験のことではない)を幾度となく経験した人は、強いものである。

次回は「 約束組み手( promise pattern practice with a partner )」と 修真会館空手道 型の概要を紹介したい。