実戦空手道と修真会館

 私は、30代後半までは身体能力の高さ、主にパワー、スピード、持久力を最も重視していた。
「力は、力でねじ伏せる」「スピードはスピードでねじ伏せる」
正に「剛」の空手スタイルであった。
身長173㎝・体重84㎏でベンチプレス155㎏を挙げ、フルスクワットで230㎏を挙げるパワーと20分間のフルスパーリングを持続する持久力を持っていた。

 高いレベルでパワー・スピード・持久力を合わせ持つことも「技の一つ」なのは間違いない。事実、どんなスポーツのアスリートでも高い身体能力を持っているし科学的根拠がそれを裏付けている。

 しかし、パワー・スピード・持久力という身体能力は、年齢と共に必ず限界を迎える。
更には、どんなに科学的なトレーニングを継続したとしても身体への歪・障害が生じて来る。私は、42歳の頃、仕事の多忙さと職責のプレシャーから過労で入院したことがある。
救命医から「運が良かったですね!」過労で命を失う人もいらっしゃいますから、、、ほどほどに仕事をしないといけませんよ、、、。と言われたものだ。
そして、この入院生活を機に私は空手や仕事に取り組む「考え方」を全くというほど変えた。それは、担当医の先生のアドバイスが論理的・科学的に説得力のあるものであったからだ。そもそもその担当医の先生は、合気道の師範をされていた。

 この先生との出会いがなければ現在の私の空手道はなかったと思う。
先生曰く「心が疲れている時には、身体も疲れているんです!」「身体が疲れている時には、心も疲れているんです!」「心と身体は別物ではないんです!」
更には、こうも言われた。「身体が力むと心も力むんです!」「心が力むと身体も力むんですね~。」

 この先生の言葉を機に私は、ウエイトトレーニングを一切止めた。しかし、それには、相当の覚悟と勇気が必要であった。それは、それまで自分の空手を支えているものの大半がパワー・スピード・持久力といった力学的に単純な「力」であったことに他ならないことを自らがよく知っていたからだ。自分からパワー・スピード・持久力という「身体能力」を奪ったら何も残らない。そう思うと体力トレーニングを止めることは、まさに一大決心であった。

 以来、20年以上に渡り、空手道の本来あるべき姿とは何か。空手道の「技」とは何か、その科学的根拠は何か。様々なプロアスリート達の「考え方」・「トレーニング法」をヒントに「技と心」の分析・解明に労をついやした。
そうして辿りついたのが現在の修真会館空手道の「技と心」である。

 修真会館空手道と他道場様のフルコンタクト空手と何処が違うのかということであるが最も明確に違うのは、相手の重心のバランスを一揆に完全に崩してしまうことを最も重視していることである。単に相手のサイドポジション・バックポジションに身を置くだけにとどまらず相手の重心に自分の重心(ウエイト)をしっかりと乗せる。
相手のサイドポジション・バックポジションから時には、自分のウエイトをしっかりと乗せ押し崩しながら一揆に攻撃をしかけることである。

1. 受け流しからのカウンターアタック(初めの型)
2. 崩しながらのカウンターアタック(崩しの型)
3. 投げながらのカウンターアタック(球転の型)

いわゆる攻防一体の反撃技を研鑽するものである。

修真會館空手道と実戦

強い格闘家はいくらでもいる。
又、自分の体格・体力に勝る者を制圧・倒すことはそう簡単なことではない。
しかし人は、神でもなければバケ者でもない。
必要以上に恐れることもない。
どんなに強い格闘家にも人である以上、必ず弱点は存在する。
一対一に有利な格闘技・対多人数に有利な格闘技・強靭な衣類を着用している相手に対して有利な格闘技・衣類を着用していない相手に有利な格闘技等、様々な状況に於いて有利・不利も存在する。
強い格闘家は「優れた技術」「優れた精神力」を「格闘技術」という枠の中で、科学的根拠の基に「心身の運用」を有効活用することに長けているにすぎない。
人間である以上、人の運動生理学上の限界値を超える人など存在しない。
様々な pro athlete は、その限界値に限りなく近い部分で競技能力を競い合っているのである。
そうであるならば遭遇すると予想される様々な状況に於いて、格闘技術を組み立てている要素の有効性と risk を科学的に分析し格闘上の risk を最大限排除すると同時に有効性を最大限高めていくことが不可欠である。

空手道の上達段階に於いて、突き・蹴り・受け等の combination training や mitt training・一般的 full contact sparring は、重要な要素を多く持ってる。
mitt training 一つ取り上げても、その lesson method は様々である。
ただ単に「蹴る」「叩く」だけではなく lesson の時期と目的に応じて mitt を有効に活用する工夫がなされていることが大切である。
突き・蹴り・受け等の combination training や sparring に関しても同様である。
事実、修真會館空手道にの稽古に於いてもそれ相応の時間を割いてる。
これらの training method の向上が一瞬の反撃技術の上達を培い「攻防一体の反撃技術」に「鋭さ」を育む基礎となる。
しかし、打撃技術の combination だけでは実戦(combat)、いわゆる護身では通用しない。 
又、相手を即、掴みに行ったり、手を伸ばせば脚を伸ばせば顔面や股間に punch・kick が hit する所に無防備に身を置いたり、構えたりすることは論外である。
更に、いきなり顔面を叩きに行くことは自殺行為である。
確かに、人間にとって顔面は大きな身体弱点の一つであるが顔面を叩く、蹴ることを意識しすぎると肝心なことを忘れてしまう。
空手道の「技」はもっと繊細なものである。
その繊細な「技」の集合体が大きな「破壊力」を生むのである。
「柔よく剛を制す」とは、ただの迷信ではない。
科学的根拠に基づいた概念であることを40数年以上の空手道修業に於いて確信する。

 反撃技術に於いて最も大切なことは、実戦に於いては先ず相手の1攻撃目は身体の全運動神経を行使して避けなければならない。
相手の攻撃手法やその力量を図る為でもあるが、自ら先に攻撃を仕掛ければ避難できる場所・余裕がある限り正義も大義名分成立しない。
幾度となく制止を促しても攻撃を継続する者、対多人数で避難できる余裕がない、凶器保持者等に於いて自分や攻撃を受けている人が切迫した状況下に置かれている場合は、法律上刑法36条・37条に定められる正当防衛・緊急避難が成立するであろう。
それ以外はただのケンカであり、互いに暴行罪である。怪我でもすれば傷害罪である。

” 努力を諦めない人が現れた時、道は拓ける ”

shushin01